FreeBSD 9.0-RELEASEがリリースされました

本日(2012/01/13)の午前9時半ごろ、FreeBSD 9.0-RELEASEが
リリースされたというアナウンスのメールが来ました。

www.jp.freebsd.orgに日本語訳された変更点があったので転記しておきますね。
詳しくはこちらをどうぞ → FreeBSD 9.0-RELEASE アナウンス

  • 新しいインストーラ bsdinstall(8) の追加。 このリリースで提供される ISO イメージのインストーラとして採用されています。
  • FFS が softupdates ジャーナリングに対応
  • ZFS をバージョン 28 に更新
  • ATA/SATA ドライバが CAM フレームワークと統合され、 AHCI に対応
  • Highly Available Storage (HAST) フレームワークの導入
  • カーネルが、Capsicum ケーパビリティモードに対応。 サンドボックスを実現するための実験的な機能です。
  • ユーザレベル DTrace の導入
  • TCP/IP スタックがカーネルモジュール化された輻輳制御フレームワークに対応。 5 つの輻輳制御アルゴリズムが実装されました。
  • NFS サブシステムが、 NFSv3 および NFSv2 に加えて NFSv4 に対応した新しい実装に更新
  • High Performance SSH (HPN-SSH) の導入
  • Flattened Device Tree (FDT) の導入。 組み込みプラットフォームにおける FreeBSD の設定が容易になりました。
  • FreeBSD/powerpc が Sony Playstation 3 に対応
  • LLVM コンパイラと clang の追加
  • Gnome を 2.32.1、KDE を 4.7.3 に更新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です