Feng Officeインストール

内部資料の管理とメンバー間の情報交換に使えるのではないかということでFeng Office ( http://fengoffice.com )をインストールした。

2012.11.15現在、portsのFeng Officeは2.0.0なのだが、実は2.2.1がリリースされていてportは追随できていない。

新しい2.2.1をインストールしたい場合は、ソースを拾ってきて動作させたいディレクトリに展開してもいいのだが、どうしてもportでという方は自分でportを書き換えてインストールすることになる。

以下、今回修正したファイルの差分。

--- Makefile.orig	2012-11-15 23:57:17.000000000 +0900
+++ Makefile	2012-11-15 23:57:26.000000000 +0900
@@ -6,7 +6,7 @@
 #
 
 PORTNAME=	fengoffice
-PORTVERSION=	2.0.0
+PORTVERSION=	2.2.1
 CATEGORIES=	deskutils
 MASTER_SITES=	SF/opengoo/${PORTNAME}/${PORTNAME}_${PORTVERSION}
 DISTNAME=	${PORTNAME}_${PORTVERSION}

--- distinfo.orig	2012-11-15 23:58:25.000000000 +0900
+++ distinfo	2012-11-16 00:00:20.000000000 +0900
@@ -1,2 +1,2 @@
-SHA256 (fengoffice_2.0.0.zip) = e7dc4f45c08a895f8c80314ac739c25e9363099cfced75a598259687cc23d3db
-SIZE (fengoffice_2.0.0.zip) = 9365096
+SHA256 (fengoffice_2.2.1.zip) = dde012b6a76b06fb004a41a39631235e2d125c61cff2fabb0ac5d42eda3cc9a2
+SIZE (fengoffice_2.2.1.zip) = 12386685

ソースファイルを取りに行って失敗するので、自分でファイルを拾ってきて /usr/ports/distfiles に転がして回避したが、まじめにやるならMASTER_SITESをちゃんと設定してあげればいいはず。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です