Windowの位置・サイズを記憶・復元するツール(Windows, AutoIt)


FullHD画面では画面が狭く感じるようになってきたので、思い切って4kモニターを買ってみた。

左側にエディタ、右側に参考資料といった感じで広々使えて最高。

なのだが、一つ困ったことがある。

やっているゲームが4kモニタに対応していないため、Windowsの設定で画面をFullHDに設定してからゲームを起動しないといけない。
それは仕方なくやっているんだが、4kに戻すと広げてあった様々なウィンドウが元の場所、元のサイズでは表示されないのだ。
2,3枚のウィンドウなら毎回ちまちま再配置してもいいんだが、今見たら、Chromeだけで16枚、他にもThunderbird(メール)やら色々あってやってられない。

すでにツールがあるだろうと探して見つけたのは、いちいち記憶させたいウィンドウを指定して登録していかないといけないのが面倒くさい。

全部覚えて、全部戻してくれ。

というわけで、無いものは自分で作ることにし、作ったのがこれ。

ウィンドウイメージ

AutoIt( https://www.autoitscript.com/site/ )で書いてあるので、使いたい人はAutoIt入れてコンパイルしてね。

;
;  ウィンドウ位置記憶回復ツール
;          koj
;          @koj911
;          https://www.ofug.net/koj/
;
#include <ButtonConstants.au3>
#include <GUIConstantsEx.au3>
#include <GUIListBox.au3>
#include <WindowsConstants.au3>
#include <Array.au3>
#include <Debug.au3>
Opt("GUIOnEventMode", 1)
#Region ### START Koda GUI section ### Form=
$Form1 = GUICreate("ウィンドウ位置回復", 615, 437, 192, 124)
GUISetFont(9, 400, 0, "MS Pゴシック")
GUISetOnEvent($GUI_EVENT_CLOSE, "Form1Close")
GUISetOnEvent($GUI_EVENT_MINIMIZE, "Form1Minimize")
GUISetOnEvent($GUI_EVENT_MAXIMIZE, "Form1Maximize")
GUISetOnEvent($GUI_EVENT_RESTORE, "Form1Restore")
$lvWinInfo1 = GUICtrlCreateListView("Title|Handle|X|Y|Width|Height", 32, 16, 553, 351)
GUICtrlSetFont(-1, 10, 400, 0, "UD デジタル 教科書体 N-R")
GUICtrlSetOnEvent(-1, "lvWinInfo1Click")
$btnStore = GUICtrlCreateButton("配置記憶", 32, 376, 153, 49)
GUICtrlSetFont(-1, 12, 400, 0, "UD デジタル 教科書体 NP-R")
GUICtrlSetOnEvent(-1, "btnStoreClick")
$btnRestore = GUICtrlCreateButton("再配置", 201, 376, 153, 49)
GUICtrlSetFont(-1, 12, 400, 0, "UD デジタル 教科書体 NP-R")
GUICtrlSetOnEvent(-1, "btnRestoreClick")
$btnQuit = GUICtrlCreateButton("終了", 432, 376, 153, 49)
GUICtrlSetFont(-1, 12, 400, 0, "UD デジタル 教科書体 NP-R")
GUICtrlSetOnEvent(-1, "btnQuitClick")
GUISetState(@SW_SHOW)
#EndRegion ### END Koda GUI section ###

; _DebugSetup("Window Info", True);

dim $WinList[1][6]  ; Window情報を格納。後で配列サイズ再調整する

While 1
	Sleep(100)
WEnd

Func btnStoreClick() ; 配置記憶
	Local $tmp = WinList()
	Local $s = 0
	GUICtrlDelete($lvWinInfo1) ; Item消去のためにlvWinInfoごと消す^^;
	$lvWinInfo1 = GUICtrlCreateListView("Title|Handle|X|Y|Width|Height", 32, 16, 553, 351) ; 再登録

	For $i = 1 To $tmp[0][0]  ; $varp0][0]に要素数が格納されている
		; 可視で名前のあるウィンドウのみを表示する。 DeskTop(Program Manager)は除外する
        If $tmp[$i][0] <> "" And IsVisible($tmp[$i][1]) And $tmp[$i][0] <> "Program Manager" Then
            ReDim $WinList[$s + 1][6]
            $WinList[$s][0] = $tmp[$i][0] ; Window Title
            $WinList[$s][1] = $tmp[$i][1] ; Window Handle
    		Local $pos = WinGetPos($WinList[$s][1])
    		$WinList[$s][2] = $pos[0] ; X-Pos
    		$WinList[$s][3] = $pos[1] ; Y-Pos
    		$WinList[$s][4] = $pos[2] ; Width
    		$WinList[$s][5] = $pos[3] ; Height
			GUICtrlCreateListViewItem( StringFormat ("%-10s | %10d | %4d | %4d | %4d | %4d", $WinList[$s][0], $WinList[$s][1], $WinList[$s][2], $WinList[$s][3], $WinList[$s][4], $WinList[$s][5]), $lvWinInfo1 )
            $s += 1
        EndIf
    Next
	$WinList[0][0] = $s - 1  ; 格納した要素数を記憶しておく
EndFunc

Func btnRestoreClick() ; 再配置
	For $i = 1 To $WinList[0][0]
		WinMove($WinList[$i][1], "", $WinList[$i][2], $WinList[$i][3], $WinList[$i][4], $WinList[$i][5])
	Next
EndFunc

Func btnQuitClick() ; 終了
  Exit
EndFunc

Func Form1Close()
  Exit
EndFunc

Func Form1Maximize()

EndFunc
Func Form1Minimize()

EndFunc

Func Form1Restore()

EndFunc

Func lvWinInfo1Click()  ; ListViewがクリックされても特にやることなし。

EndFunc

Func IsVisible($handle)
    If BitAND(WinGetState($handle), 2) Then
        Return 1
    Else
        Return 0
    EndIf
EndFunc   ;==>IsVisible

一応、githubにもおいてみた。
使い方がよくわからないので、ソースコードをおいただけ。
https://github.com/koj911/WinPosBackupRestore

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。