松下電工・パナソニック製洗面台(GQD72AS1)のシャワー水漏れ修理


実家の洗面台(松下電工製 GQD72AS1)のシャワーホースから水が漏れ始めたようで、洗面台下の水受けタンクから水があふれて床まで濡れるという報告があった。

シャワーヘッドを引き出せるホース付きの洗面台でよくある奴ね。

 

まず、洗面台の各所をチェックして洗面台の型番を探すことから始める。

物によっては、水栓本体に水栓の型番が書かれていたりするが、見つけられたらラッキー。なければ、洗面台の型番からたぐるしかない。

今回は洗面台の下の物置スペースの右手の壁にはられていたシールから型番を発見した。

-> GQD72AS1

洗面台の型番で検索をかけると、水栓を探すページが見つかる。

-> 法人向けトップ > 電気・建築設備 > 住宅設備・建材 > 修理・サポート情報 > 洗面水栓金具検索 > 本体品番で検索

ページ内検索で「GQD72AS1」を検索し、リンク先に飛ぶ。

-> CQ773B (寒 CQ771A)

このページから「CQ773B」(寒冷地仕様ならCQ771A)が適合部品であることがわかる。

さらに「CQ773B」で検索をかける。パナソニック直販サイトに販売ページが見つかる。

-> シャワーホース(メタル製) (品番:CQ773B06)

販売ページではあるが「この商品は販売しておりません」となっており、代替品が「CQ853B03KZZ」であると書いてあるのが見つかる。リンクされているので先に行ってみると、8200円。

ここで買ってもいいんだが、きっとほかでもっと安く売っているはずなので、さらに「CQ853B03KZZ」で検索すると販売ページがいっぱい引っかかる。

楽天、Yahooの販売ページは安いのだが例によって沖縄への発送は特別料金4000円とかなので、Amazonをチェックする。

Amazon発送品があるので、ここで注文した。

沖縄に到着するのは金・土あたりのハズなので、今日はここまで。

シャワーホースが届いたら作業をして続きを書く予定。

続きを先に知りたいんじゃーって人は、交換作業の解説動画がパナソニック直販サイトにあるので参考になるはず。

-> CQ853B03KZZ販売ページ

シャワーホースが届いたので、早速交換しました。
スマホのカメラがフォーカス調整機能がおかしくてろくに写真が撮れないので写真はない。

作業前にパナソニックの説明映像をチェックしてから作業したが、それで十分なので作業説明は割愛。
じっくり見てから作業してほしい。意外に簡単。

純正部品7000円なんて納得いかねーーーーーって方は、シリコンホース2m, 1000円で修理する方法を解説している方がいるのでがんばって。

リュータ持ってない人は、リューター買うところからなのでリューターの出番がなさそうな人はやめといたほうがいいかも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。