au,docomoでも大丈夫な中華スマホUMIDIGI F1 Playを購入


3年近く使ってきたスマートフォンだが、度重なるカメラ不調とバッテリ寿命に疲れてきたので乗り換えを検討してきた。

条件は今使っているUQ Mobile(au系)のSIMでプラチナバンド(LTE band 26)に対応してて、2万円前後でPokemon GOをプレイするのに支障のないスペックがあること、写真もそれなりに撮れること。

バンドで絞るとほとんどがauが販売したスマホの中古品になってしまうのだが、F1 Playならauはもちろん、docomo、Softbankもカバーでき、SIMの乗り換えも制限なし。

SoCはHelio P60で、Antutuスコアが14万らしく、これまで使ってきた奴と遜色なし。多分GPUのスペックは落ちるだろうけど、まぁ、Pokemon GO程度はやれるはず。(やれました)

写真は販売直後色がおかしいとか言われてたけど、アップデートで解消したという報告もあったし、Open Cameraならプリインストールのカメラアプリよりきれいに撮れるってことで及第点とした。

Google Cameraならもっときれいに撮れるらしいんだが、残念ながら使えない。

SD845搭載でau系プラチナバンド対応で3万円代でカメラもそこそこのがあれば(Xiaomi Mi Mix 2sが該当しそう)それを買いたかったんだが、今回は2.3万円という安さに釣られてF1 Play。

※技適認証済み

ちなみにAliexpressなどでちょっと安く買えるが、充電器のプラグが香港やEU向けだったりしてアダプタが必要になったりするので、Amazonで日本用プラグな充電器がついているものを買うのがいいと思う。

==設定関連==

標準のホームアプリ(Launcher)のままだとホーム上部の検索窓が消せないので、Google PixelのLauncherをベースにしたというRootless Pixel Launcherを入れて使っている。
Rootless Pixel Launcher入れたのに、実際はAt A Glanceを表示したまま使っている。1枚目のデスクトップ(?)にジョルテ(カレンダーアプリ)のウィジェット(2週分表示)とYahoo天気のウィジェット(日中と4日先の表示)ができるので消す必要がなくなってしまったから。
(CPLというLauncherを先に入れてこれでいくつもりだったが、アプリ一覧でのアプリ検索をしようとすると検索機能が落ちるので使うのを諦めた。)

au系MVNO(格安)のSIM(非VoLTE)を挿すとLTE(4G)でモバイルデータ通信ができず、2G表示だった。しばらく待っても、機内モードOn/Offしても、再起動してもLTEをつかまないので、UQ推奨のAPN設定のAPNタイプに「ims」を追加するとすぐに4Gをつかんだのでこのまま運用中。ims追加の意味はわかってない(^^;
-> APNタイプ: default,mms,supl,hipri,dun,ims

上記設定でSMSの受信もできているようだ。ほとんど使わないので真面目にテストはしていない。
そういえば、通話も着信での通話しかテストしてなかったな(^^;

カメラは48M画素と明るいレンズってことで期待しちゃうけど、すごくいいわけではなさそう。でもまぁ明るいところなら問題ない画質だと思う。
Open Camera(アプリ)ならきれいに撮れるという噂だったけど、室内でHDRだとどうも白っぽい感じだし荒くなってる感じ。何か設定間違ったかなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。